読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燃えプロ』最大の疑問―「なぜ作ることになったのか」を開発陣に訊いた

1987年に、ジャレコから発売されたファミコンソフト『燃えろ!!プロ野球』。それまでの野球ゲームは、打者の斜め後ろから見下ろす視点が主流でしたが、本作はテレビ中継でよく見られる投手側からの視点を採用。その斬新な画面演出が実に新鮮な一作でした。

またゲームが実際にリリースされて多くのユーザーがプレイに興じると、バントでホームラン級の打球を放つという驚きの現象も発見され、「バントホームラン」という通称が広く知られることに。直接遊んだことがなくとも、この現象を通して本作を知った方も少なくありません。

このほかにも、モチーフとした選手の投球や打撃などのフォームをドット絵で再現するといったこだわりぶりも見せ、賛否両論含め当時大きな存在感を放ちました。またその後も様々なシリーズ作品が登場し、2015年5月にはauスマートパスにてAndroidアプリ『燃えろ!!プロ野球』の配信も開始。そして2015年7月に、誰も予想していなかったPS4版『燃えろ!!プロ野球』が発表されました。

 

PS4版『燃えろ!!プロ野球』に関しての詳細などはまだ明かされておらず、ゲームに関する情報としては一枚のスクリーンショットがほぼ唯一の公式情報となってます。その画像は、縦横比は16:9と今風ながらも、ゲームグラフィックは懐かしのドット絵。いろんな意味で、PS4にリリース予定のソフトと思わせない衝撃に満ちています。


左から上田氏、吉川氏、国原氏

どうして今、PS4で『燃えろ!!プロ野球』なのか。どんな進化を盛り込む予定なのか。その目指すコンセプトや新要素は何なのか。数多くの疑問を抱く方も多いことでしょう。我々メディア側も気になるポイントが多々あるため、その疑問をPS4版『燃えろ!!プロ野球』に関わる方々に直接尋ねてみました。そのやりとりをじっくりご覧ください。

◆PS4版が動き始めた経緯とは

──本日はよろしくお願いします。早速ですが、なぜ今『燃えろ!!プロ野球』のPS4版がリリースされることになったのか。そのきっかけからお聞かせください。

DQ10 RMT