読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異形の力を身に宿したファフニールの騎士 新ダンジョン・ギンヌンガ遺跡の儀式に向かう

本作の物語は,世界の謎や伝承を調査する「ミズガルズ図書館」の若き調査隊員である主人公が,カレドニア公国の公女「アリアンナ」の護衛任務に就くため,親友「フラヴィオ」と共にハイ・ラガード公国へと旅立つところから始まる。
 アリアンナの目的は,ギンヌンガという遺跡で100年に一度の儀式を執り行うこと。3人はそこへ向かう道中で,ドクトルマグスの「クロエ」,パラディンの「ベルトラン」と出会い,魔物の襲撃をきっかけに行動を共にしていくのだが……主人公はそこで,自身が異形のモノへと変身してしまうという思わぬ事態に巻き込まれる。

 前作でも,ストーリーモードの主人公は「ハイランダー」という“オンリーワン”な職業についていたが,本作の主人公はさらに特異な「ファフニール」と呼ばれる存在となっている。なぜ,どのようにして,主人公は異能を身に宿したのか? その謎を軸に,物語が展開していく。

今回も主人公パーティには良い意味で“濃い”メンツが揃っている。中でもアリアンナの可愛らしい天然っぷりにはキュンキュンきてしまうはず
新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士 新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士
新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士 新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士

 このように,「世界樹の迷宮」シリーズがあえてプレイヤーにシナリオを押し付けず,“冒険者”の物語を想像させるという“古き良き”スタイルだったのに対して,「新・世界樹の迷宮」シリーズは,練り込まれた物語と唯一無二の役割を担う“主人公”を明確に用意している。これが“新”たる所以(ゆえん)だ。

豊富なイベントを通して仲間達や街の人々と交流を深めることができるのも「新・世界樹の迷宮」シリーズの特徴
新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士 新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士
新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士 新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士

 一方で,本作にも,「世界樹の迷宮」に近いプレイフィールの「クラシックモード」が用意されている。今回は2008年に発売された「世界樹の迷宮II 諸王の聖杯」をベースに,ゲーム性をバージョンアップ。こちらのモードでも「鋼の棘魚亭」の依頼からギンヌンガ遺跡に挑めるほか,新システム・新施設まで利用可能だ。さらに,アリアンナの職業である「プリンセス」「プリンス」も最初から選択可能となっているほか,「世界樹の迷宮」「世界樹の迷宮II 諸王の聖杯」「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」のキャラクターイラストが無料DLCとして配信されるので,思うままキャラメイクをして“自分だけの冒険”を楽しむことができるだろう。

 

 

レッドストーン RMT